6月22日(火)開催:プラスチック問題の現状と今後の動向について【オンライン】

現在の日本ではプラスチックに関して循環システムが十分構築されておらず、海洋廃棄物や不法投棄などの問題とも絡み様々な課題があり、今後の動向に関心が集まっています。
そういう中、環境省では低炭素社会及び循環型社会構築に資するプラスチック資源循環システム構築の加速化を図るため、従来型のプラスチック利用を段階的に改め、化石資源由来のプラスチックを代替する再生可能資源由来のバイオプラスチック等に転換する政策や、従来リサイクルが困難であったプラスチック等素材に対するリサイクル技術・システムの高度化を図り、プラスチック資源循環システム全体でCO2 排出の抑制を目的とした事業を行っています。